セイシェルの国旗の色と記号はどういう意味ですか?

セイシェル諸島はインド洋の独立国です。 この国の人口はわずか94, 228人で、アフリカの中で最も小さい国です。

セイシェルの歴史

セイシェル諸島は長期間無人でした。 ヨーロッパ人は最初に1502年にこれらの島の目撃情報を記録しました。ここへの最初の着陸はイギリス東インド会社の航海の一部として1609年1月に記録されました。 島は長い間海賊の支配下にあった。 島の近くの海のルートに沿って有利な貿易はここに定住する海賊を魅了しました。 しかし、彼らは1756年に島を支配し始めたフランス人によって追い出された。 その後、イギリス軍も島々に影響を及ぼし始めました。 1903年に、セイシェルはイギリスの冠の植民地になりました。 1976年に国は外国の統治からの独立を達成した。

セイシェルの国旗の歴史

独立直後の1976年6月29日、セイシェルの元の旗が採用されました。 偶然にも、青と赤の三角形を交互に使用する旗は、オーストラリアの会社が使用していたものとほとんど同じでした。 1年後、この旗は廃止され、代わりにセイシェル人民連合(SPUP)によって使用されていた旗がセイシェルの国旗として使用されました。 しかし、党が選挙で過半数を失ったとき、党の旗を国旗として使用することに関する広範な抗議があった。 したがって、セイシェルの国旗のための新しいデザインの必要性がありました。 新しい旗は1996年1月8日に採択されました。新しくデザインされた旗は国の2つの最大の政党、セイシェル民主党と前のSPUPによって使われた色を特徴とします。

旗のデザインと色

セイシェルの国旗は5つの異なる色のバンドを備えています。 これらのバンドはすべて、旗の下隅から巻き上げ側に向かって始まり、次に反対側に向かって移動するにつれて発散します。 旗の5つの斜めのバンドは、緑、白、赤、黄色、そして青です。 5色はそれぞれ独自の象徴的な意味を持っています。 斜めのバンドは、国が未来に向かって動いているダイナミズムを表します。 青い色は海とセイシェルの島々を囲む空を象徴しています。 黄色は太陽と地球上で生命を維持する力を表しています。 赤い色はセイシェルの人々の決意と勇気のためのもので、その国のために明るい未来を確実にするために団結して働いています。 白は調和と社会的正義の象徴です。 最後に、国旗の緑色はセイシェルの自然環境と土地を表しています。