グローバルサウスとは何ですか?

「グローバルサウス」という言葉は1950年代に登場しましたが、カール・オグレズビーがグローバルサウスに対する米国の優位性についてコメントしたときに、それに現代的な政治的用途を与える最初の人物となりました。 非同盟運動(NAM)の創設メンバーもこの用語を政治的に使用していました。 この用語をよりよく理解するためには、南北格差の社会的、経済的、政治的な意味を知る必要があります。 南北の分割は赤道に沿った分割を意味するのではなく、この惑星で最も裕福な国と最も貧しい国を分ける線です。 したがって、グローバルノースは、北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニアの先進国です(西、第一世界、および第二世界の一部)。 したがって、Global Southには、アフリカ、ラテンアメリカ、およびアジアと中東の発展途上国の国々が含まれます。 グローバルサウスの代替用語は、低開発世界、発展途上国、多数派世界、非西欧世界、貧困国、南、第三世界、そして未開発世界です。

Global Southという用語の使用

Global Southという用語は地理的な位置を考慮しない動的な用語です。つまり、特定の開発しきい値に達したこのグループのメンバーはGlobal Northに渡る可能性があります。 グローバルノースでも、先進国の一部の地域はグローバルサウスの状況に似た状況で暮らしています。

南南協力

この用語の最初の言及の後、それは政治的および経済的に南半球内の国々をまとめる統一アイデンティティとして浮上しています。 この結束は文化的、社会的、技術的、そして環境的な協力にも及んでおり、南南協力(SSC)と呼ばれる枠組みです。

SSCの主な目的は、グローバルサウスを搾取的な世界システムの中に統一する相互に有益な経済的変化を追求することです。 この枠組みの中で、SSCは国内問題への非干渉、非条件性、独立性、主権、平等、国有などの価値を尊重します。 これまで、SSCは貧困、国境を越えた問題、人口増加、疾病、戦争などの課題に対処するために、スキル、経験、リソース、専門知識を共有することで協力を利用することを構想していました。

SSCの最も目に見える製品の1つは、中国やインドのような国々が、ほとんどのグローバルサウス諸国で西側の経済的および政治的支配を引き継ぐという決意です。 確かに、ほとんどのアフリカ諸国との中国の貿易と開発の協力は、同じ国との西側の協力を超えています。 このような状況は中国にそのような国の事情へのより大きな声と影響力を与え続けています。

グローバルサウスという用語についての過去と現在の議論

国際関係の大多数の関係者は、「開発途上国」や「開発途上国」などの他の用語と比較して、「グローバルサウス」という用語の使用を支持しています。 実際、ほとんどの学者は、この用語が世界的優位の後退傾向に抵抗するだけでなく、文化や開発の違いから地政学的な利益や関係に至るまでのグローバルノースとグローバルサウスの関係の再考を奨励すると考えています。 この考え方の学校は、現代の世界資本主義ならびに植民地時代および新帝国時代の歴史の悪影響を是正することを目的としています。

反対に、グローバルサウスという用語は定義された範囲内のすべての国に利益をもたらすのではなく、グローバルサウス内の裕福な国だけに利益を与えると批評家は主張している。 彼らの批評では、学者たちはグローバルサウス内の先進国は政治的にそして経済的にSSC国際関係内の未発達の対応物を利用すると信じている。 第3学派の思想はこの用語を批判している。なぜなら、グローバル南の大多数の国々は実際には赤道の北に位置しているからである。 さらに、グローバルサウスのグループ化は、地域間の文化的、歴史的、経済的な意味はありませんが、発達上の不均衡があります。