コスタリカにはどのような政府がありますか?

コスタリカの政府は大統領代表民主主義国として活動しています、それは国が一般の人々の利益を代表するために選ばれた政治家によって導かれることを意味します。 これらの政治家はまた、それぞれの政治的目標を達成するために別々に活動したり、連帯を形成したりする多数の政党に所属するかもしれません。 1949年に正式に承認されたコスタリカ憲法は、政府の責任を遂行するために、行政、立法、司法の各支部を設置しています。 この記事ではそれぞれを詳しく見ていきます。

政府の行政府

行政府は、コスタリカの大統領によって率いられ、大統領は4年間の任期を務めるために一般市民によって選出されます。 大統領は連続した任期を務めることはできず、2005年の憲法改正によれば、選挙に再び出る前に8年待たなければならない。 この立場にある人物は、2人の副大統領の助けを借りて、国家元首と政府首脳の両方として行動します。 副大統領は大統領と同じ投票を行い、同じ政党のメンバーです。

大統領は、大臣評議会に奉仕する大臣を任命し、政府と国に関して取り組むべき最も重要な問題についての立法機関に毎年プレゼンテーションを提供する責任があります。 さらに、大統領は年次予算を除いて、立法手形に対する拒否権を持っています。

立法府

政府の立法府は、一院制の議会で構成されています。 議会は議員と呼ばれる57人のメンバーで構成されています。 これらの議員は、比例代表に基づいて一般の人々によって選出されます。つまり、特定の政党が保有する議席の数は、それぞれの国民の支持の量を表しています。 コスタリカでは、これらの選挙は7つの各州で開催されています。 立法議員は4年間の任期を務め、任期満了後に再び選挙に立候補することができます。

この支部は、行政支部の行動と方向性を決定するための立法を可決する責任があります。 このように、閣僚評議会は立法議会によって可決された法律を実行しなければなりません。 この立法機関によって可決された法案は、法に署名するために大統領に進みます。

政府の司法部門

コスタリカの司法部門は、行政部門と立法部門から独立して運営されています。 それは、労働裁判所、下級裁判所、裁判所裁判所、控訴裁判所、最高裁判所を含む裁判所の階層に分けられます。 最高裁判所は最高裁判所を務め、25名の代理代官および12名の専属治安判事によって管理されています。

12人の専属裁判官が8年の任期を務めるために立法議会によって任命され、立法機関が別の決定をしない限り、自動的に別の8年の任期に更新されます。 最高裁判所裁判官によって提供された50人の候補者のリストから、25人の代理裁判官も立法議会によって選ばれます。 専属裁判官は次の部署に分けられます:3つの無効刑務所(各5裁判官)と憲法会議所(7裁判官)。 これらの裁判官はその国の下院に治安判事を任命する。 さらに、彼らは立法上および執行上の行動および決定が憲法上のものであるか否かを決定する権限を持っています。