世界最大のデパートはどこですか

世界最大のデパートは、韓国の釜山にあるCentum市にあります。 この店は新世界と呼ばれ、韓国語で「新世界」を意味します。 ソウルの近くに位置するこの店は、南山や南大門市場などの他の観光スポットにも近いです。

主力店に加えて、仁川、光州、江南、永登浦、京畿、マサン、ウィジョンブ、金海、大邱、スターフィールド湖南などにも新世界が展開しています。

歴史

新世界は1930年代にもともと日本のMisreukkosiデパートとして知られていました。 Misreukkosi Storeも韓国で最も古い店です。 1945年に、Misreukkosiデパートはサムスングループの創設者である故Lee Byung-Chullによって買収されました。 それはそれからDonghwaデパートに改名されました。

1963年に、それは新世界センチュム市と命名されました。 2007年に、店舗はリフォームを受け、高級モールとしてオープンしました。 現在、Centum Cityはフランチャイズの旗艦店です。

所有権

故李ビョン=チュルの最年少娘李ミョンヒが議長を務める新会社、新世界グループが所有している。 李明博(イ・ミョンヒ)の娘であるチョン・ユキョン(Chung Yoo-Kyung)が社長であり、チョン・ヨンジン(息子)が副会長です。

Shinsegae Groupは、韓国最大の小売業者であるE-Martも所有しています。 同じグループが所有するその他の関連会社には、Shinsegae Simon Company、Shinsegae International Company、Everyday Retail Company、Chosun Hotel、Starbucks Korea、Shinsegae Food Companyなどがあります。

Shinsegae Groupは、韓国で最初にクレジットカードを受け入れる会社であり、また外国人投資家とのパートナーシップを受け入れる最初の会社として知られています。

設計

この店舗は、高級アメニティ、商品、さまざまな娯楽施設などの機能を備えた観光客を引き付けるように設計されています。

そのデザインは海、釜山の海の街の象徴であることに触発されました。 その屋外照明は海の光を表しています。 自然光が店内を照らします。これは、ほとんどの世界クラスのショッピング店やモールで一般的な機能です。

その内部の床は海洋のモチーフで装飾されています。

説明

それは2009年3月3日に正式にオープンしました。2009年6月26日に、それは世界最大のデパートとしてギネス世界記録簿によって認められました。

新世界センチュム市は、300万平方フィートを超える面積をカバーしています。 地下駐車場やファッション街を含む合計16階建てです。 8階建てで、グッチ、オメガ、ジバンシィ、プラダ、シャネル、エルメス、ルイスヴィトン、ジミーチュウなど、700の有名店やブランドが集まります。

頻繁に買い物をする人や訪問者のために予約されたVIPラウンジの3つのレベルがあります。 トップラウンジのカテゴリーは、40, 000ドルから100, 000ドルを購入する買い物客のために予約されています。

オフィスタワー、ゴルフ練習場、映画館、ゴルフコース、スパ、文化スペース、アートギャラリー、アイススケートリンクがあります。

製品とサービス

店で見つけられる様々な製品があります。 それらは、とりわけ、化粧品、台所用品、電子機器、家具、スポーツウェア、高級ブランド品、および衣類を含む。

サービスには、スパトリートメント、屋内ゴルフ、スケート、映画、フードコートが含まれます。

顧客に提供されるアメニティには、係員付きパーキングサービスおよびコンシェルジュサービスが含まれます。 広場や噴水はリラックスして集まるのに最適な雰囲気を提供します。