どの国が一番読んでいますか?

読書の重要性

読むことができるということは、人が今日学ぶことができる最も重要な基本的なスキルの1つです。 実際、読書は社会に関わり、社会に参加することができるために不可欠です。 交通標識、医学的指示、およびニュース記事を読むために必要です。 さらに、オンラインまたは本や雑誌の情報にアクセスすることで、人々は身の回りの世界について教育を受け、情報を得ることができます。 人間の脳は絶え間ない発達を必要としており、読書はただ助けるための活動です。 読書は人々がより活発な想像力を生み出すのを助け、同様に高いレベルの創造性をもたらします。 それで、世界のどこで人々は読書に最も時間を費やしますか?

最も時間を費やす国

世界文化得点指数は、世界中の人々が毎週読書に費やす時間を測定するために世界規模の調査を実施しました。 この研究の結果は、どのような種類の資料が読まれているのかを特定していません。それはオンラインニュースから仕事用の電子メール、雑誌、印刷物の本までなんでもあり得ます。 さらに、この調査では、調査対象者に関する特定の情報(年齢、学歴、性別など)や調査対象者数は報告されていません。 調査結果は次のとおりです。

インド

インドは、市民が平均10時間42分の読書を過ごしたと報告している。 リストの第1位を達成することはこの国のためのかなりの功績であり、それは世界平均(74%のみ)より低い識字率を持っています。 しかし、1947年に独立して以来、この率は6倍以上も上昇しています。これは読書への関心が高まっていることの指標となる可能性があります。 この読書に費やされた時間は、必ずしも印刷された本を読んでいる時間の量を反映しているわけではありません、そしてオンラインでまたは電子形式で読書を費やす時間を含むかもしれません。

タイ

タイは読書時間が2番目に高い国です。 ここでは、調査回答者は、週平均9時間24分の読書に費やしていると報告しています。 追加の調査では、人口の約88%が本を活字で読んでいて、それらを読んで1日あたり約28分を費やしていることがわかりました。 これは、オンラインで読むのにかなりの時間がかかることを意味します。 インドで見られるように、スマートフォンとタブレットはタイでも読書習慣を変えました。 実際、印刷された本を読むのに費やされた時間は、過去に発行された報告書から減少しました。

中国

読書に費やされた時間の3番目に大きい量は中国で、調査の回答者がこの活動に参加して毎週約8時間の支出を報告しています。 この国の識字率は96.4%で、世界平均の86.3%よりも高いです。 この時間のうち、新聞や雑誌を読むのに費やされる時間はわずか11分です。 OECDが実施した調査では、中国上海の学生の90%以上が娯楽目的の読書を報告していることが研究者らによって発見されており、これは前年より増加しています。 この増加は、おそらく読書がこの国の市民の間で人気を集めていることを示しています。

調査結果に含まれている他の国は、下記の表に掲載されています。

最も読む国

ランク週に一人当たりの読書に費やした時間(一部の国)
1インド10時42分
2タイ9時24分
3中国8時00分
4フィリピン7時36分
5エジプト7時30分
6チェコ共和国7時24分
7スウェーデン7時06分
8フランス6時54分
9ハンガリー6時48分
10年サウジアラビア6時48分
11香港6時42分
12年ポーランド6時30分
13年ベネズエラ6時24分
14年南アフリカ6時18分
15年オーストラリア6時18分
16インドネシア6時00分
17年アルゼンチン5時54分
18年七面鳥5時54分
19年スペイン5時48分
20カナダ5時48分
21ドイツ5時42分
22米国5時42分
23イタリア5時36分
24メキシコ5時30分
25年英国5時18分
26ブラジル5時12分
27年台湾5時00分
28年日本4時06分
29年韓国3時06分